人工弁には、機械弁と生体弁があります。生体弁は機械弁と比べて長期間使用の耐久性は劣りますが、機械弁のように抗凝血療法の必要がないことや、血流が生理的であるという利点があります。
心臓の弁疾患には、弁自体の変化によって血液が通る弁口が狭くなる狭窄症と、弁自体の変化または弁を支えている腱索や乳頭筋などの障害によって弁が閉鎖しなくなり、さらに逆流が起きる閉鎖不全があります。いずれの場合でも、弁の機能が障害されたときに置き換えを行い、正常な血流を確保するために使用します。