現在の人工血管には、ポリエステル、ePTFE、ステントグラフトの種類があり、血管(主に動脈)の瘤や閉塞の発生した部位に対して、置き換えあるいはバイパスを行い、血液循環を確保するために使用されます。